肩関節周囲炎にお悩みの方

きらきら針灸整骨院 HOME > 肩関節周囲炎

肩関節周囲炎の症状について

肩関節周囲炎の症状について、以下のようなものに当てはまる場合、治療が必要な可能性があります。
  • 夜中に痛む
  • ズキズキ肩周りが痛む
  • 肩(腕)が上がらない
  • 肩を挙げたり回すとパキパキ音がなる
  • 物を投げると肩が痛む
などの症状がある方は『肩関節周囲炎』いわゆる四十肩や五十肩といったものの可能性があります。

当院の肩関節周囲炎の治療

『肩の動きが悪くて痛みが出ている方の治療』で、ビフォーアフターをわかりやすくお伝えするために、実際に肩の動きが悪く痛みもある方にに協力していただき、治療効果を目で確認できるようにしました。

10~15分くらいの施術

まず、最初にどのくらいの可動範囲で、どの程度動きを出すと痛みを感じるのかを確認してから、だいたい10~15分くらいの施術でこんな感じに可動域が広がり、痛みも軽減しました。
施術前
施術後

肩甲骨の間

後ろに回すと肩甲骨が浮き、肩甲骨の間にまで手が届かなかったものがしっかり回るようになり、肩甲骨の浮いた感じもおさまりました。
施術前
施術後

右肩が下がり気味だったもの

こちらも左程ではないですが肩甲骨が浮いて右肩が下がっていたものが、右肩が下がらずに後ろに回せるようになっています。
施術前
施術後
もちろん施術は手技のみで行ったものです。
高周波と超音波を同時にかける複合機治療と肩を動かすのに重要な役割をしている肩の細かい筋肉の動きを調整する手技を行います。
症状や状態によっては全身的に筋肉のバランスや、骨格のバランスの調整も行います。
その後、痛みが落ち着いてきたら滑車を使用して、関節の動きを取り戻す運動を行なっていただきます。
ご自身で感じる痛みの強さをコントロールしながら行う運動ですので、無理に動かされて痛みが再発する心配もなく安心です。

ご予約・お問い合わせはこちら